こころと向き合う日々

様々な精神疾患を持ちながら就労移行支援で訓練中。

感激された&可哀想な父

今日父親もインフルエンザになった

ということが分かり、

わたし自身も、今日就労移行支援での

施設外就労だったんですが、

だるくて休憩時間寝てたんですね。


そしたら事情を知ってる人たちに

めちゃくちゃ心配されて

熱計ったっけ37,0だった。

うーんなんとも言えない。


家帰ってきて、母親寝てたので

わたしも寝たらだるさポーンと抜けました。

なんだったんだろう…




さてさて本題。

シチュー作りました。


どん!

もちろん母親にも渡して「美味い美味い」言いながら食べてくれました。

更に感激したあまりか、単身赴任先の父親にまでLINEで送ったそう…



その父親はと言うと、

江差=単身赴任先のことです。


かわいそうに…




今朝あげた記事にコメントいただいた方々、

ありがとうございました!

今のところわたしは大丈夫です!

まじかよ…

母親が昨日インフルエンザA型ということが

わかったばっかなのに


まさかの父親までも…

インフルエンザA型!!


昨日から熱があるとは言っていたんですが…

まじかよ〜(;°;ω;°;)



父親は単身赴任先にいて

インフルだからと

こっちに帰ってくる気はない、疲れるから

と言ってましたが心配だ…


単身赴任先まで車で1時間くらいですが、

わたしが行こうにも、雪道だし、

不安障害必ず発症するので…行けない。

父よ、ごめんよ…



ゆうき家やばすぎ!!

わたしもやばいかも…

『ゆうき』のくせに勇気ない自分

わたしのハンドルネーム『ゆうき』は

本名のもじりだといつかの記事に載せました。


わたし自身、特に本名の下の名前が好きではないのですが(だからといって親は恨んでなんかない)、就労移行支援でもいろんなところでも名前を名乗ると口を揃えて言われる言葉。

「いい名前だね」「いい漢字」


そう言われても…

そうは素直に受け入れられないんです。





今日Mさんに会ってきたことで、就労移行支援で仲良くなったある人に報告したら、「そのMさんがゆうき(仮名)に良くしてくれてるのは、ゆうきにもいいところがあるからだよ。自信持て!」

Mさんとは最初は前職での教育担当と生徒とだけの関係だった。

それが数年たった今、気軽に会いにいくことができてる。気軽になんでも話せてる。


わたしは、人見知りしない性格なのは分かってますが、「親しみやすい」と昔から言われることが多い。

別に自慢ではないが、「本当にそうか…?」と思う。



自分で自分を律するのが怖いのか。

思い上がって痛い目を見るのが怖いのか。

それともただ単に自己評価が低すぎるのか。



自分でもわからない。

成長するためには、今の現状をなんとかしたいなら自分が変わるしかない。

それはわかってる。


勇気がないんです。




『ゆうき』=勇気ある人間、とは思わないでほしいです。


わたしも人間です。しかも精神疾患者です。







何をいいたいのかわからないでしょうが、わたしもわかりません。


それでもいいですよね…!