不安障害と向き合う日々

様々な精神疾患を持ちながら就労移行支援で訓練中。

昨日の話

昨日は店長が来ました。

「面談するよ」と…



「単刀直入に言うと今のままじゃ難しい」


試用期間のことです。



わたしの仕事のスピードが遅い。

わたしの話も聞いてくれて、覚えることに集中するあまり、スピードがおろそかになってしまう。と。


それはお客様優先だからそれは二の次。



それ以外にも今までの状況、(店長はめったにいないので)わたしの状況は先輩方から報告は常々していたらしい。

それが悪いものばかりだと。




その半分以上怒られの面談では涙は出なかった。


そのあとすぐ休憩になって、

遅番のわたしの好いてる先輩がやってきた。

その人の顔を見た途端涙が出てきた。


すぐさまその人店長呼びに行って

「泣くくらいなら帰るかい」

「人選ぶのもいいかげんにしなさい」



選んでないのに…

たしかに嫌いな人はいるけど(前記事参照)




わたしてきに好いてる人は

「ゆうきさん一生懸命頑張ってるじゃない」

「気にすることない」

言ってくれたけど、

上の人達にはそれが評価されてない。



いくらわたしが頑張ってようが見てくれてすらいない。

悪いところしか店長に言ってない。



ずるいとも思った。

絶望的だとも思った。



休憩時の涙はすぐにおさまりましたが、

家に帰ってからも大号泣…

それでもうちの親はおかしいからまともな

アドバイスはくれない。

悲しいね。



今は薬のおかげか時間のおかげか

気にしてませんといったら嘘になるけど

昨日よりはいいです。


今日はお休みでよかった…




明日の仕事が憂鬱です…




昨日はそのことで親と喧嘩したりして

更新する気になれませんでした。

まだみなさんのブログにうかがえる気力まで

回復していません。

ご了承ください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。