こころと向き合う日々

様々な精神疾患を持ちながら就労移行支援で訓練中。

わたしが思うブログの在り方

ある読者様が詳しいことはわかりませんが、

中傷をうけつづけていました。


中傷する人はいろんな考えの方がいるのはわかっていますが、なぜ他人を傷つけるようなことを言ってしまうのか。

それで自分の欲求は解決されるの?違うと思う。ただの自己満足…だとわたしは思う。




以前に違うある読者様が自殺をほのめかすブログを更新していて、わたしは少しでも力になれればと思い、「そんなことない」とコメントで元気づけようとした。

だが、その読者様から返信はないままmuragonから消えてしまった。




みなさんブログをやっているのだから、それぞれの理由はあると思います。

わたしははじめはただのひとつの療養目的でした。でもいろんな読者様と交流する中で、ただの療養だけではなく心温まることもあった。

わたしのこんな拙いブログにもniceを欠かさずつけてくれる読者様たちの存在ももちろん嬉しい。




ブログは人のひとつの居場所だと思います。



ある読者様の受け売りですが、ブログは自分自身のものなのだから自由に書いていい。今わたしは心底そう思います。

少なくともわたしがこのブログを開設して更新し続けるのは、ただniceやコメントが欲しいからというわけじゃない。同じ病気の人、そうではない人とも想いを共有したいから。「こんなふうに思ったこともあった」「こんなこともあった」と振り返りとして活用できてるときもある。



別に中傷する方を完全否定しているわけではありませんが、中傷される人も同じ人間であり傷つきます。その人の居場所を奪わないであげてほしい。

それをわかっていただきたいと思う。





この記事をあげるのに多少迷いました。

今度はわたしが叩かれるかもしれない。

そんな不安もあって。

だけど、それはただの自分しか考えてない自己防衛。


少しでもある読者様の力になりたいと思っただけ。


「こんな若僧がなにいってんだ」と思われるかもしれない。たしかにわたしは24年しか生きていない生意気なガキ。でも少ないとはいえだてに社会人やってないんです。







これを更新して、もしわたしのブログが炎上でもしたらこのブログは閉じます。

それだけの勇気を振り絞って更新しています。



わたしは、わたしのすべての読者様たちの味方です。

それだけは分かっていただきたいです。




こんな若僧が失礼しました。